カー用品

【口コミ・評判】B+COM SB6X使用感【レビュー】

B+COM SB6X

私がかつて持っていたインカムでは、スマホ連携と仲間との通話の両立が不可能だったのでB+COM SB6Xを購入。

今回買った商品はB+COM SB6X

B+COM SB6X
商品名B+COM SB6X

買ってみた結論をざっくり説明

B+COM SB6X
  • オートバイのヘルメットにつける無線機
  • ツーリング仲間と会話しながらの走行が可能
  • 手持ちのスマートフォンから、ナビ音声や音楽のプレイが可能
  • オートバイでの走行中に電話通話が可能
  • スマートフォンの音声操作などが可能

買った理由(悩み)

B+COM SB6X

私は長年オートバイに乗っていますが、時には、父親を乗せてオートバイで移動することもありました。

父親は耳が遠くて、オートバイの乗降時に、自分が「ちょっと待って」と言っても聞こえないようで、構わず乗ってきたことがありました。予期せぬ体重移動に転倒してしまうこともあったのです。そのため、しっかりと音声が聞こえるインカムをつける必要があると思いました。

また、インカムを使用し続けることで、仲間の会話と、スマートフォンとの連携音声の両立ができないことでも悩んでいました。

そのため、仲間と会話する時には、別途スマホのナビ音声を聞くために、別ラインでイヤフォンを装着していたのです。

イヤフォンを装着しながらのヘルメットの装着は困難を極めます。そのため、それらを両立できるインカムを探していて、このB+CØÂ SB6Xという製品を見つけて、早速購入しました。

購入の決め手

B+COM SB6X

この製品を選んだ理由は、最先端モデルであるということです。

スマホ連携と仲間との通話の機能を両立できるモデルは、私が購入した当時このモデルしかありませんでした。

そして、私がスマホ連携して聞いているナビの音声や音楽を一緒にツーリング中の仲間ともシェアできるので、ツーリングが楽しくなるとともに、安全性も高まりました。それは、ナビ音声によりこれからどちらに曲がるかがわかるからです。

そして、このメーカーを選んだ最大の決め手は、多くの人が利用しているメーカーなので、みんなと一緒に使いやすいと思いました。

インカムは、他社のインカムとも通話可能になっているのですが、何かと設定が面倒なのです。

同じメーカーであればボタン一発操作ですぐに連携可能なので、スムーズなツーリングが開始できると考えました。

悪かったこと・デメリット

B+COM SB6X

この製品を利用するにあたり、一番苦労したところは、ヘルメットにスピーカーなどを設置するのが大変だったことです。

取扱説明書には、あまり具体的な説明がないのでとても困りました。実際にやった作業は、ヘルメット内のインナーパットを全て取り外し、ちょうど耳の部分に位置するところにスピーカー二つを固定することと、ヘルメットのフロント部分にマイクを設置することでした。一番困ったのはスピーカーの設置です。

なかなか、一度では位置が決まらず何度も貼り直しているうちに、添付の両面テープの粘着力が弱くなってしまいました。そのため、強力な接着剤を使用せざる終えませんでした。最終的には、YouTubeに簡単ん付け方の紹介があったため、それを参考に取り付けることができました。

良かったこと・メリット

B+COM SB6X

この製品を使い始めて半年以上経ちますが、一番重宝いている機能は、スマートフォン連携して自分好みの音楽をいつも聞きながらオートバイで走れることです。

いつも、高いテンションで走れますので、安全運転に繋がっているのではないでしょうか。眠かった時でもシャキッとした気分で運転できます。

そして、ナビの音声がしっかりと聞けるようになったこと。オートバイで走る時には迷いは禁物です。

ちょっとした迷いで、転倒してしまうこともあるのです。そういう意味では、道に迷うこともなくなり安全走行ができるようになりました。そして、最大の魅力は、タンデム相手やツーリング仲間と話しながらオートバイの運転が楽しめることです。

かつては、オートバイ乗りは寂しいと言われたこともありましたが、今では、寂しいことは全くなく豊かな気持ちでツーリングしています。

おすすめポイント

この製品は、私がAmazonで買った時にも3万7千円ほどしました。

もともと、不必要なものなので、よっぽどの魅力がないと手が出せない商品ですよね。でも、私が推したいのは、この製品を利用すると、ツーリングがとても楽しくなることです

同じ景色を見ながらその感想を語り合うことができます。そして、銭湯を走る人のナビゲーションシステムの音声を共有できるため、次にどう曲がるのかがわかり、安全運転にもつながるのです。事故を起こした時の修理代を考慮したら、この商品の価格も安く感じるのではないでしょうか。

SNSの口コミ

動画