生活用品・日用品

【口コミ】Kyvol E31 ロボット掃除機レビュー!他製品と比較してみた。

Kyvol E31 ロボット掃除機

評価:4.5

ちなみにKyvolは「キーボル」と読む。

今回買った商品はKyvol E31 ロボット掃除機

Kyvol E31 ロボット掃除機
商品名Kyvol E31 ロボット掃除機

他のKyvolロボット掃除機を比較

Kyvolロボット掃除機の違いと比較
Kyvol E31E30の機能はそのままに「水拭き機能」追加
吸引力:3,000Pa
Kyvol E30E20よりセンサーが高性能(ジャイロセンサー)
吸引力:2,800Pa
Kyvol E20センサーは弱い(ランダムで動くセンサー)
吸引力:2,500Pa

価格の差は約7,000円(執筆時)なので自分の使いたいものを選べば良いと思う。

筆者はジャイロセンサーと水拭きを試したいので「E31」を選んだのでレビューしていきます。

買ってみた結論をざっくり説明

Kyvol E31 ロボット掃除機
  • 格安ロボット掃除機の割に優秀!
  • ジャイロセンサーがかなり良い
  • 吸引力が強いので稼働時間も短くめっちゃ良い
  • アプリ入れないと細かい設定ができないのがデメリット

口コミや評判を見てもかなり良い感じ。

実際に筆者も使ってみたが評価としては「」です。

ルンバなどの5万円以上の高級品には負けるが、この3万円以下のロボット掃除機ではかなり優秀だと思う。

操作方法

Kyvol E31 ロボット掃除機の使い方
Kyvolのロボット掃除機の操作方法別メリット・デメリット
リモコン
  • 直感的に操作可能
  • 毎日同じ時間に稼働するタイマー設定
アプリ
  • バッテリー表示
  • 曜日別タイマー
  • マッピング機能
  • 水拭きの場合は水分量の調整
アレクサ
  • 音声で操作可能

アプリが1番メリットが多い。

だが、リモコンだけでも事足ります。

リモコン操作でもジャイロセンサーでサクサク掃除してくれる。

マッピング機能やバッテリーや外出先から操作したい人以外は重要ではないのかもしれない。

悪かったこと・デメリット

Kyvol E31 ロボット掃除機狭い隙間もジャイロセンサーでサクサク掃除してくれる
  • アプリがないと細かい設定ができない。
  • 「家が広すぎると帰ってこない」との噂もある(筆者は毎回帰ってるので不明)
  • 段差でエラーが起きることがある

アプリのメリットは「操作方法」で説明したが、バッテリーや細かい設定したいならアプリをいれないといけないのがちょっと面倒くさい。

下記がアプリになります。

Kyvol

Kyvol

Shenzhen VanTop Technology & Innovation Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

めっちゃ段差を乗り越えてくれる分、椅子の足なども乗り越えたりしてエラーが出る時があるらしい。

筆者の家では経験していないが、そんな口コミもありました。

まあどのロボット掃除機でも導入するときは「ケーブルや乗り上げそうな物は片付けておくほうが良い」ってのがロボット掃除機歴が長い筆者の感想です。

良かったこと・メリット

Kyvol E31 ロボット掃除機筆者は現在2台のロボット掃除機を使っている。(左Kyvol、右ILIFE)
  • 同じ価格帯のロボット掃除機の中では優秀
  • 吸引力が強くて60分程度で掃除完了(古いタイプだと120分かかる)
  • 掃除時間が短くても1番キレイになってた
  • 静かなので良い

比較してもこんなメリットがありました。

 

Kyvol E31を使って思ったのが「掃除時間はええええ!!!

 

60分くらいで終わるので在宅ワークが増えた今、ロボット掃除機が鬱陶しいとならずにすみます。

120分ロボット掃除機が動いているのは結構うざいです。はい。

あとレベル1の吸引力だと静かなのでそれもまた良し。

他のロボット掃除機の吸引力と比較

Kyvol E31 ロボット掃除機

上記の画像は「ILIFE A6で120分掃除したあと、Kyvol E31で60分やった結果」です。

めっちゃ取りこぼしあるやんけー!と同時にKyvol E31なかなかやるなあ!という感想。

ゴミの画像はこれ以上載せると汚いので載せませんが・・・

最初にKyvol E31で掃除したあともILIFE A6より確実にゴミを取ってきてます。

Kyvol E31の掃除方法

センサーがランダムではなく「ジャイロセンサー」なので他社と比較してキレイにジグザグ動いてくれるから無駄が少ない印象です。

ジャイロセンサーとは簡単にいうと「多少の空間を把握しているからキレイに掃除していって、仮に狭い隙間に入ってもしっかり戻ってくれるよ~」って感じの認識で良いです。

ランダムセンサー(安いロボット掃除機)だとバンバンッ!ぶつかって行ける場所適当に行く感じなので煩いし傷つくしクソです。はい。安い分良いけどね。

 

比較した昔購入した「ILIFE A6」だが2018年に購入したにも関わらず今でも人気。

ちなみに比較した2つのロボット掃除機は「価格はほぼ同じ」です。

どうみても今は「Kyvol E31が買い」です。

Kyvol E31 ロボット掃除機水拭きモード

Kyvol E31 ロボット掃除機(左:水拭きモード、右:掃除機モード)

Kyvol E30にはない機能の水拭きモード。

アタッチメントを交換してやります。

Kyvol E31 ロボット掃除機水拭きモード装着時
Kyvol E31 ロボット掃除機取り外して洗濯可能
Kyvol E31 ロボット掃除機付属品に替えのもう1枚もついてます

どうしても掃除機だけでは取り切れないゴミを水拭きでとってくれます。

ただし「水を入れる手間、掃除後にしっかり確認する必要」があるのでそこは考え方次第かも。

ただ「付いてないより付いてるほうが良い機能」なのでオススメと言えます。

Kyvol E31 ロボット掃除機水拭きモードの動画

SNSの口コミ・評判

Kyvol E31 ロボット掃除機の動画



おすすめですよー!

評価: