スマートフォン・タブレット

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

今回の中華スマホは AMG Mobileからタフネス スマホ AGM X2 のご紹介です。

位置的にはミドル~ミッドハイになると思います。

タフネス アウトドア系スマホと言えば、Ulefone Armor 2やDOOGEE S60、Blackview BV8000 などございますが、このあたりはだいたいCPUにHelio P25あたりが使われているのが多いいですが、AGM X2はSnapDragon 653 ディスプレイは5.5インチにAMOLED「有機ELディスプレイ」カメラにはデュアルレンズ採用

docomoのバンド19にも対応さらにIP68、米軍規格MIL-STD-810Gにもクリアしてるスグレモノ!

また、VOC 揮発性有機化合物センサー搭載で空気の汚染度まで測れるみたいです(ちょっと胡散臭い)けど

まずはスペックからどうぞ

GearBest:AGM X2 4G Phablet 64GB

GearBest:AGM X2 4G Phablet 128GB

スペック

  • OS:Androi 7.1
  • CPU:Qualcomm MSM8976SG Snapdragon 653 Octa-core 
  • RAM+ROM:6GB 64GB or 128GB
  • ディスプレイ:5.5インチ Gorilla Glass 5 AMOLED 1920x1080 
  • Bluetooth:4.1
  • Wi-Fi: 802.11 a/b/g/n/ac
  • SDカード:〇 microSD 128GBまで
  • NFC:〇
  • フロントカメラ:16MP
  • リアカメラ:12MP+12MP デュアルレンズ
  • バッテリー:6000mAh
  • サイズ:168.5 * 83.4 * 14mm
  • 重量:250g
  • SIMカード:Micro SIM デュアルSIM or SIMカード1 + SDカード
  • CDMA2000:BC0 3G:1/2/4/5/8/34/39 4G:LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/38/39/40/41
  • GPS:〇 AGPS・Glonass
  • その他:各種センサー、QUICK CHARGE 3.0、OTG(USB On-The-Go)

開封

今回もDHLで届きましたが箱が結構潰れてます。

まあ、タフネス スマホだからこれくらいなんともないと思います。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

箱の蓋も半開きで保護フィルムもヨレてるけどタフネス スマホだからなんともないと思います。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

内容物は本体、イヤホン、ケーブル、充電器、説明書、でかいケース

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

本体、金属部分が多く触ると冷たいです。

重さは250gで結構重いです。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

充電ケーブルも無理やり巻いた感たっぷりです。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

イヤホンとイヤピース

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

充電器は日本のコンセントには使えません

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

説明書、もちろん日本語は無し

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

謎のでかいケース

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

まず本体から、ここで保護フィルムを剥がそうとしたら落としてしまい落下テストは合格です。

全体的に金属質でデザインは意外にシンプルです。

ガラスはGorilla Glass 5でガラス周りはシルバーになってます。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

裏側、指紋認証とカメラのレンズにスピーカーはステレオではないと思います。

使用可能温度は-30度~60度、バッテリーはOTG(USB On-The-Go)可能の6000mAh カメラはタフネスでは珍しい12MP+12MP デュアルレンズ

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

画面から見て右側にSIMとSDカードスロット、真中が電源ボタン、本体はトルクスネジで固定されてます。一番下にVOC 揮発性有機化合物センサー

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

左側の一番上のボタンが音量、その下がカメラのシャッターボタン、水中撮影などはコノボタンで写真を撮れるようになってます。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

初期設定

初期設定は通常のスマホと同じで言語設定、Wi-Fi設定、googleアカウントの登録で完了

言語は公式ホームページに日本語有りと書いてあるのでバージョンなどは関係なく日本語があります。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

日本語を選択すれば設定画面も完全な日本語になってます。最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

端末の状態なども日本語で表示されます。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

ここでとりあえず画面の保護フィルムを貼ったのですが、反射低減アンチグレアタイプというフィルムを貼ったら画面が虹色にギラギラして、とても画面を見てられないので光沢タイプに貼り直したらなおりました。

本機種を買ってフィルムを買う時は光沢タイプにしたほうが良さそうです。

AGM X2 使ってみた

設定が終わったら初期画面になります。

google関係と AGM Tools、 AGM Air アプリ以外は余計なアプリは入ってないです。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2 最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

AGM Toolsはコンパス、分度器、水平器などアウトドア系スマホには定番の物が入ってます。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

 

AGM Air アプリの揮発性有機化合物(VOC)検出センサーは、本体右側のゴムキャップを開けてアプリを立ち上げると測定が始まります。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

上記写真のVOCと書いてあるキャップを開けて測定

開けるとこんな感じです。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

コレは正直どのような場面で使えばいいのかわかりません。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

この数値に関しては揮発性有機化合物は何種類もあって本来は測定する物質によって測定器を使い分けるみたいで、本機の測定器は揮発性有機化合物をまとめて簡易的に測定するみたいですが、どの程度正確かは確かめようがないです。

因に石油ストーブの上で測定したら10ppbになったので空気が汚れているということなのでしょうか?

 

6000mAhのバッテリーからOTG(USB On-The-Go)で他のデバイスに充電もできます。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

謎のでかいケースはこのケースを付けると水に浮くみたいです。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

ケースをつけると、ただでさえゴツイ端末が一層ごつくなります。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

コレはあまり実用的ではないです。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

充電は下のキャップを外して充電します。ケーブルはType Cになります。 

イヤホンは最上部にキャップがあるのでキャップを外して差し込む形です。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

カメラに関しては、そこそこいい感じです。

実際の色にすごく近いかんじで普段使いには十分な性能だと思います。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

操作に関してはサクサクというよりは指に引っ付いてる感じの動きに近いです。

AMOLEDディスプレイは発色もよくとても綺麗な画面です。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

最後にAntutu測定結果です。

最強タフネス 中華スマホ【レビュー】AGM X2

まとめ

タフネス スマホの中でもUlefone Armor 2、DOOGEE S60、Blackview BV8000などに比べると2~3万くらい高くなるのでAGM X2がどうしても欲しいという方にはいいかもしれませんが、性能面などは他のタフネス スマホよりスゴクイイという訳ではないので予算などを考えるとUlefone Armor 2、DOOGEE S60、Blackview BV8000 などもアリだと思います。

バンド19が使えるのでドコモSIMの方は、よほどの場所に行かない限り電波は掴むと思います。

バッテリーも6000mAhと十分で、IP68、米軍規格MIL-STD-810GもクリアしVOC 揮発性有機化合物センサー搭載のデュアルレンズでタフネス系 スマホとしては最強だと思います。

以上、「AGM X2」でした。

GearBest:AGM X2 4G Phablet 64GB

GearBest:AGM X2 4G Phablet 128GB

外部リンク:GearBestの注文方法や支払い方法を解説!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です