音楽用品

【レビュー】AGPTEK F1B

みなさんは音楽をどうやって聴いていますか?

最近はストリーミング配信が流行っていますよね

オンラインサービスに登録して好きな音楽を聴くやつです

しかしそれだとサービスに登録したり通信制限に引っかかったり……などなどまだまだ不便なところも多いです

なので私はCDを購入して取り組んでスマホに移して再生しています

最近はCDを購入する人も減っているらしいですがこれが一番だと思います

最近私はXperiaに機種変したのでスマホで高音質な音楽が聴けるようになったのです

しかし遠出する時に気になるのがバッテリー消費

スマホのバッテリーが切れたら当然音楽を再生することは出来ません

そこで専用の音楽プレーヤーを用意することにしました

機能を別けることにより電池の消費を抑えます

調べ物はスマホで、音楽再生は音楽プレーヤーですれば良いのです

これならスマホの充電が尽きても音楽プレーヤーで音楽を再生することが出来ます

そんなわけで、今回レビューするのは音楽プレーヤーの『AGPTEK F1B』です!

開封の儀

箱はコンパクト

そこまで高級感はありませんがシンプルで奇抜ではないので問題はないですね

それでは開封します

  • 本体
  • USBケーブル
  • 説明書

以上のものが入っていました

説明書は後ろの方に日本語のページがあるので助かりますね

microSDカードについて

この音楽プレーヤーは本体ストレージがありませんので別途microSDカードを用意する必要があります

最大128GBまで対応しているので約32000曲以上入れることが出来ます

音楽ファイルの対応フォーマットはMP3/WMA/WAV/OGG/APE/FLAC/AAC-LC/ACELPなどのようです

一般的なMP3やAppleで採用されているAAC、高音質のFLACに対応しているのでファイルの種類を特に意識することなく再生出来るでしょう

使い方

まずは充電をします

スマホの充電器のケーブルを抜き付属のケーブルを挿してそれを利用しました

充電をするとライトが青く光ります

約2時間ほど充電すれば良いでしょう

充電中にSDカードに音楽を入れておきましょう

この音楽プレーヤーには画面がありません

なので選別して聴くスタイルよりシャッフルして再生するスタイルの方があっています

フォルダ分けなどは特にしないでとにかく好きな音楽を片っ端から入れていきましょう

充電が終わったらSDカードを音楽プレーヤーに入れます

次に電源ボタンをONにします

ONにしたら中央の再生ボタンを約3秒間長押しします

青いライトが点滅してSDカードの読み込みを知らせてくれます

点滅が終わると再生が可能になります

再生する時は中央の再生ボタンを押します

すると音楽が再生されます

重めのファイルが正常に再生されない

が……

音楽の再生がすっごくゆっくり……

なんだか再生がゆったりというか……重いです

読み込みに時間がかかっているのでしょうか

私の環境ではFLACの音楽が上手く再生出来ませんでした

SDカードの品質が悪いのか音楽プレーヤーが悪いのか……

仕方ないのでファイルを消去して軽いファイルのMP3とAACだけ残すことにします

再生は中央の再生ボタンを押すと止まります

3秒間長押しで電源がオフになります

再びオンにすると中断したところから音楽が再生出来ますが電源ボタンからオフにすると再生出来ますのでご注意ください

音質は?

FLACは読み込みに時間がかかるので消去しましたがMP3は特に問題なく再生出来ました

ですがあまり音質は良くありません

iPhoneやXperiaならMP3でもそれなりの音質で再生出来ますがこの音楽プレーヤーの音質はイマイチです

スマホ並の音質を求めてはいけません

まあ価格が安いですしジョギング用と考えればそれほど音質は気にならないのかなっと思いました

その他感想

重量は約19gとかなり軽くジョギングのお供にも向いています

最大再生時間は約20時間と長時間のリスニングにも耐えられるバッテリー持ちなので良いですね

評価はこのような感じになりました

価格が安いとはいえもう少しだけ音質があれば……というより読み込み音が気になるのでそこを改善してほしいですね

あと読み込み速度を改善してFLACなど重いファイルでもサクサクと再生してくれたら良いのですが……

この音楽プレーヤーで重いファイルを再生する際は高速なmicroSDカードを用意する必要があるかもしれません

操作について、最初は画面がないので戸惑いますが説明書もあり使えば慣れてきます

サクッとボリュームを上げたり下げたり曲をシャッフルしたり出来るのが良いです

ジョギングには向いていると思いました

ABOUT ME
rebimato
レビマトでは執筆者を募集しております。 詳しくは下記記事まで!



当サイトのレビュアー募集中!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です