カー用品

【レビュー】JEEMAK ミラーモニター 4.3インチ ドライブレコーダー バックモニター 前後2カメラ

今や車の装備品としてかなりメジャーになった感のあるドライブレコーダー。

「取り付けてみたいとは思うけどお高いんでしょ?」

「どんなの選んでいいか判らない」

そう思う方はたくさんいらっしゃると思います。私もそうでした。

数あるドライブレコーダーの中で、お手軽価格で多機能、操作簡単な

【JEEMAK ミラーモニター 4.3インチ ドライブレコーダー バックモニター 前後2カメラ】

ご紹介いたします。

※バックカメラは諸事情により使用不可でしたので、フロントカメラのレビューのみとなります。

パッケージ内容


パーツが細かく、一見用途がわかりにくいものもありましたので、写真に直に名称を載せています。

外観

前面


モニター画面は4.3インチ。ちなみにホーム画面です。

裏面

  • スピーカー×2(1つはミラーに被り、実質1つしか機能しません)、
  • カメラ

上部

  • 右から電源ケーブル用USBポート(形状に注意。普通のType-Bとかじゃ入りません)
  • バックカメラ用AVポート
  • TFカード(microSDカード)挿入口
  • GPS(対応していないようです)

下部・本体操作


このボタンはミラー画面下部↓と連動しており

  • 左から 電源ボタン(押す→ON 長押し→OFF)
  • HOMEボタン
  • ボリュームUP
  • 決定ボタン(ビデオの録画スタート、ストップ、写真のシャッター)
  • ボリュームDOWN

※ボリューム調整をしても電源OFFにするとリセットされます

純正ルームミラーとの大きさの比較

横にはそれなりにはみ出します。ただ、ワイドタイプのルームミラーを付けたようによく見えます。

カメラの部分がそのまま外側に出る、という感じです。

スペック

メーカー型番Jeemak CE12
イメージSensor高解像度 CMOS Sensor
スクリーン4.3インチLCDスクリーン
レンズ170°広視野角
ビデオ解像度(フロントカメラ)1920×1080
1280×720(前後カメラ同時使用時)
ビデオ解像度(リアカメラ)640×480
ビデオフォーマットAVI
ビデオモードフロント/フロント+リア
写真フォーマットJPEG
写真画素数3MP / 2MP / 1MP
ループ録画オフ/1分/2分/3分
パワーオン録画エンジン始動と同時にスタート
G-Sensor ロック対応
音あり、無し録画オン、オフ選択可能
ストレージ(外部のみ)Micro SD(32GB)まで
USBポートMini USB
内臓バッテリ内臓のリチウムイオン電池
入力パワーDV 5V/1A
言語英語/フランス語/スペイン語/ドイツ語/日本語/イタリア語/ロシア語
作業温度-10°~60°

特徴

JEEMAK 4.3インチ ドライブレコーダー

1.ルームミラー一体型で視界を妨げることなく、フロント周りを省スペース化。

2.4.3インチタッチパネルモニターで取り付け後もこれ1つで設定OK。

3.エンジン連動で自動録画開始

4.前後2カメラで同時録画可能(リアカメラ作動時は解像度が落ちます)

5.G-Sensor(加速度センサー)により衝撃を感知して、録画ファイルを自動でロック

6.駐車監視機能:駐車中に衝突などの振動を感知すると自動的に電源が入り、録画開始

7.ループ録画(古いデータを上書き)でSDカードのフォーマットの手間を軽減(ロックデータは残ります)

8.可動式レンズで角度調整可能

9.日時情報記録

10.一年保証

取り付け

フロントカメラは取り付け簡単


ルームミラーに付属のゴムループで二カ所止めるだけ

こんな感じで完了です。次は配線を隠しましょう!

超簡単!配線を隠す方法

※念のため車のエンジン切って作業して下さい。あくまでも自己責任ということでお願いします。

手順

  1. 運転席に座りミラーを通常使用の角度に調整
  2. コードをミラーとシガーソケットに挿す
  3. 助手席サンバイザー上→ピラー上部→ウエザーストリップ(黒ゴム部分)→ダッシュボードの順で配線
  4. 余った配線はビニタイで止めてダッシュボードの中へ。お好みによりクリップ等で固定

ざっくりこんな感じで進めていきます。簡単なやり方なので、よりキレイに配線を隠したい方は、下のダッシュボード周りの配線からやる方法や、ご自身で調べて作業して下さい

ミラー→サンバイザー

ルームミラーにドライブレコーダーを取り付けた後で、ミラーを使用するちょうどイイ角度に調整した後にスタート。

まずは助手席のサンバイザーにコードを通します

こんな感じで。そしてパタンと閉じて固定。

ピラー→ウエザーストリップ(黒ゴム部分)


助手席側のドア付近にあるピラー部分にコードを入れます。
ゴムの部分は柔らかいのですが、その手前のピラーはプラスチックで硬いので、車内配線キットの青い棒で押し込んで下さい。

次はドア周囲の黒ゴム部分(ウエザーストリップ)ですが、手で引っ張ってとれます。

中が溝のようになっていますので、その中に配線押し込んでゴムを被せる、という感じです。

このように隠れます。

ダッシュボードの下まで配線。

一旦ここまでゴム被せて固定、ダッシュボードの配線にいきます

ダッシュボード→シガーソケット

※ダッシュボードのトレイが外せませんでした。車種によっては外せるものもあるようですので、外して作業したほうがキレイに配線出来ます。

ダッシュボードのトレイが外せなかったので、溝の部分に配線。

右側はからシガーソケットから伸びているコードが来ているので、それを下側から一緒に、溝の右側に配線用と思われる穴があったので(車種によって違いますが、ダッシュボードの下辺りにあることが多いです。触ったり助手席の足元から覗いて見て探して下さい)、ダッシュボードの中へ

※ダッシュボードのトレイを閉めた時にコードを挟まない位置を要確認

余ったコードはビニタイ等で調整。ダッシュボードの中へ入れてもよし、どこかへクリップで留めてもよし。
このようにプラーンと外へ出てしまったコードは

付属品にこのようなクリップがあるので、留めて固定するとスッキリします。

一番難しいのがダッシュボード周りなので、不安な場合、最初にダッシュボード周りをやるのもアリ

本体のジャックを外してジャックをダッシュボード周りの配線用の穴に通して、(シガープラグは大きくて穴に通らない)ダッシュボード周りの配線を決めて、

本体にジャック挿して、上のように配線していくと、よりキレイに出来ます

画面操作

メイン画面

電源が入るとデフォでこの画面になります。また、自動で録画が始まります。

〈戻る〉をタップでHOME画面に移動します

  1. 録画状態の時は赤丸が点滅します
  2. Micro SDが入っていると、このアイコンが表示されます。SDが入っていないと録画出来ません。
  3. ビデオ解像度
  4. 白文字(録画可能時間) 赤文字(録画経過時間)
  5. バッテリー残量
    以下はタッチパネル上で操作
  6. 録画の音あり/無しの切換
  7. 現在録画中のビデオを手動でロック(手動SOS緊急ロック)
  8. 手動録画開始/停止
  9. フロント/リアカメラ切換
  10. 各種設定画面へ

HOME画面

ビデオ、写真の切換、録画の再生はここのメニューでしか出来ません。

他の機能はメイン画面や設定から出来ます。

設定画面・ビデオ設定画面1

メイン画面⑩をタップで設定画面に移動します。

ビデオモードの時はビデオ設定に、写真モードの時は写真設定に

  1. 解像度 1080/720/VGA
  2. ループ録画時間 オフ/1分/2分/3分
  3. 強化されたナイトビジョン オフ/オン
  4. 露出 -3~+3

設定画面・ビデオ設定画面2

  1. 日付 オン/オフ ※日付は手動設定です
  2. 重力感知 オフ/高/中/低 ※高にするとちょっとの刺激で緊急ロック録画が始まってしまいます。低推奨
  3. 駐車監視 オン/オフ
  4. オートパワーオフ オフ/1分/2分/3分

設定画面・ビデオ設定画面3

  1. 言語 中国語/英語/ロシア語/アラビア語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/イタリア語/日本語
  2. 周波数 50hz/60hz
  3. フォーマット
  4. スクリーンセーバー オフ/30秒/1分/2分 ※スリープ状態になるまでの時間設定です。画面スリープでも録画はしています。

設定画面・ビデオ設定画面4

《スクリーンセーバー》オン/オフ オンにすると
このような時計表示画面が出ます

《日付・時刻》設定画面が出ます

《デフォルト》初期設定の状態に戻ります。困った時はこれ!

設定画面・写真設定画面1

  1. 解像度 1M/2M/3M
  2. 画質 ラージ/ミドル/スモール
  3. 手ブレ補正 オン/オフ
  4. 日付スタンプ オン/オフ

設定画面・写真設定画面2

  1. ISO感度 オン/オフ
  2. 鋭さ ストロング/一般/ソフト
  3. 言語 ビデオ設定と同じ
  4. 周波数 ビデオ設定と同じ

設定画面・写真設定画面3

  1. フォーマット
  2. スクリーンセーバー
  3. デフォルト
  4. バージョン

以上ビデオ設定と同じ

使ってみました・実際の動画あり

夕方

設定デフォルト 解像度1080P 露出±0

思ったよりキレイ。正直そう思いました。前の車のナンバー停車すると下のひらがなまででハッキリと見えます。

対向車線を走っている車も徐行程度なら見えます。

LED信号は、点滅する時としない時があり、する時はゆっくり点滅します。

夜間・雨・暗い道 強化されたナイトビジョン あり

設定デフォルト。夜の雨という、一番悪条件な画質です。やっぱり画質悪いですね。

でもこの道狭くて、物凄く暗いのです。右が学校、左が畑、という場所で街灯ほとんど無し。
3年超この道をほぼ毎日通っておりますが、ハイビーム無しでは走りたくないです。

普通のヘッドライトの照らし方では、犬の散歩してる人が暗がりから急に見える感じで出てくるので(何故かこの地域の住人は暗めの服装で反射板のような物は一切付けない)、ぶつかりそうになって「!!!(◎_◎;)!!!」ってなったことは余裕で二ケタ超えるような場所です。

画質悪いですが、肉眼で見るよりはるかに明るく写ってます。

夜間・雨・暗い道 強化されたナイトビジョン なし

街灯が無いとナイトビジョンありも無しもあまり変わらないかと思います。

夜間・雨・市街地 強化されたナイトビジョン あり

ライトが明るく見えます。建物の壁も明るく見え、暗い場所にある物もそこそこ見える、という感じです。HDRやWDRを謳ってるのも伊達じゃないってとこでしょうか。ただライトの反射が強くて車のナンバーは昼間より見えづらいです。

右側の黄色の看板が黄色に見えます。(下参照)

夜間・雨・市街地 強化されたナイトビジョン なし

同じ交差点の反対側から写したものです。上とは逆の黄色の看板(ここでは左)の色が出てません。

上の写真よりも遅い時間で他店舗からの光が少ない等の差はありますが、全体的な映像を見ても、露出が少なく感じます。

ただ明るい場所でも暗い道でも、ナイトビジョンなしの状態でも、肉眼で見えている感じよりも明るく写ってます。

他社製品との比較

妹がドラレコを付けているので参考に比較してみます。市場価格2万5千円弱程度で、オートバックスで工賃含め4万円少ししたとのこと。

マニュアルを見る限りでは、お高いだけあって、GPS対応、少しこちらのより画質が良いのと、16GBのMicroSDが付いている、ってとこでしょうか。ただ駐車場監視機能はオプションで別売りとのこと。以外と残念な面もあるようです。

レンズ角度 見える幅はどうなのか?

私も妹の車も国産の軽自動車

私の車ですが、ボンネットの右側の角まで映ります(このドラレコは画面隅が粗く映る)

妹のドラレコもほぼ見える角度は同じです。(画は当然だがこっちの方がいいw)

他社製品動画 昼間 晴

日中の映像は見劣りしない程、映りは変わらないです。

他社製品動画 夜間 雨

黒つぶれの部分は多いですが、夜間はこっちの方がはるかにキレイ。

総評

昼間の運転が多く、フロントカメラ機能だけでいいならこれで充分

妹のお高いやつ(今市場で1,2位を争うほど売れている商品らしい)はフロントもリアも同時録画であの画質なので、夜の運転が多い人、後続車の記録も取りたい人には向いていると思います。

ただ駐車場監視機能は別売りだったり、バックモニター機能が無いなど、残念な面もあります。

取り付けを自分でやる、やらないは別として、こっちは4千円程度、向こうは市場価格2万5千円弱。本体だけでほぼ2万円の差があります。

こちらのJEEMAKのドライブレコーダー 、ほぼ昼間の運転しかしない、カメラは前だけでいい(リアカメラ作動時は画質が落ちるため)、駐車場監視機能が欲しい、という人はこちらで充分かと。

事故に遭った時の決定的証拠になる、という点では、動いている車のナンバーはお高いやつでも見えませんでしたので、(所詮近距離で止まらないと見えない)事故と駐車時、防犯カメラ的なツールと考えればお求めやすいガジェットかと思います。

いかがでしょうか。これをご覧になってる皆さんの参考になれば良いのですが。

以上、【JEEMAK ミラーモニター 4.3インチ ドライブレコーダー バックモニター 前後2カメラ】のご紹介でした!

【レビュー】JEEMAK ミラーモニター 4.3インチ ドライブレコーダー バックモニター 前後2カメラ
4.5 (90.56%) 36 votes



当サイトのレビュアー募集中!


4.5 (90.67%) 30 votes

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です