生活用品・日用品

【口コミ・評判】賃貸にPid4M(室内物干しワイヤー)を取り付けしてみた【レビュー】

Pid4M

評価:4.5

部屋干しの不格好さをなくしたい!

今回買った商品はPid4M(室内物干しワイヤー)

Pid4M
商品名Pid4M(室内物干しワイヤー)
サイズ本体:幅 87 mm x 高さ 121 mm x 奥行 60 mm

フックカバー:幅 60 mm x 高さ 75 mm x 奥行 11 mm

材質ABS樹脂(本体・フックカバー)

ステンレス(ワイヤー)

アルミニウム(ブラケット)

ワイヤー長さ4.0 m
最大荷重10 kg
価格(定価)¥12,000 (税別)

買ってみた結論をざっくり説明

Pid4M
  • スタイリッシュ
  • 見た目は頼りないけど、意外と力持ち(大人3人分+子ども1人分は余裕です)
  • 取り付けに少々難あり(自分で取り付けるには下地探しからしなければなりません。私はリフォーム時についでに取り付けてもらいました)

買った理由(悩み)

引っ張るだけ!時短 アルミ洗濯ハンガー48P + のびのび 7連ハンガーセット

ずっと部屋干しする場所に悩んでいました。

ある時はカーテンレールに。ある時は梁に釘をうって。

浴室乾燥もあり、雨の日にはつかいますが、「突然雨が降ってきて生乾き」や「曇りで乾きが悪い」時など、取り入れてからも干しておきたい時に、どうしても部屋干しは不格好になります。

しかもカーテンレール、悲鳴をあげています。

梁に打った釘は何故この場所に?と首を傾げています。しかも高い。台に乗らないと干せない、取り込めない、とっても不便。

でも普段は使わないので置き方だと場所をとるし、天井埋め込み式のものはお金がかかるし、とっても悩んでいたところにこの商品と出会いました。

いらないときはワイヤーを片付けられて、何よりスタイリッシュ。

決まりました。

購入の決め手

Pid4M

部屋干しをする商品は数多くありますが、まず置き方はしまっておくのには場所をとります。たくさん干せるメリットはあるのですが、置いておく場所はありません。

何より見た目のいい商品がなかなかありません。

天井に埋め込み、リモコンで竿が降りてくる商品も考えました。

でもこちらは予算オーバーです。

部屋干ししても見た目がよく、必要のない時はしまえて、且つお値段の可愛いもの、という条件にぴったり合ったのが、このpid4Mでした。

ワイヤーがいかにも頼りなく、わりと洗濯物の多い我が家なので迷いもしましたが、口コミと干せなさそうな分は浴室に干そうかと思い、購入を決めました。

また自分で取り付けるのは難しそうだったので、リフォームついでに取り付けられる今に決めました。

悪かったこと・デメリット

Pid4M

ワイヤーがいかにも頼りないです。

10キロまではいけるようですが、一体どれだけの量の洗濯物が(しかも水を吸っている衣類が)干せるのかが未だに謎です。

こればかりは実験するわけにもいかないので、恐る恐る干していますが、今のところ問題なく使えています。

その他は自分で取り付けるのが難しいところでしょうか。

2つのパーツの高さなどを揃えることがまず必須宇で、あとは下地を探してしっかり固定しないと危険だと思います。

良かったこと・メリット

Pid4M

部屋干しがスタイリッシュになりました。

干さない時はワイヤーをしまっておけば、2つのパーツが気になることはありません。

見た目頼りないワイヤーもなかなかの力持ちで、大人3人分+小4の衣類を干しても大丈夫です。

この中にはジーンズも含まれますし、バスマットなんかも一緒に干しても大丈夫です。
こんな感じで2年ちゃんともってくれています。

また、浴室に干す時よりもスペースが広いので、その分乾きが早いと思います。
その他の使い方として、お客さまが来られた時の上着かけにも利用しています。長押みたいな使い方です。

初めて見る方が多く、ちょっとした話題にもなります。

今まではカーテンレールに傾いて干されている洗濯物を見るのが憂鬱でしたが、今はとても快適です。

おすすめポイント

置き場所を確保出来るなら置き型の室内用干し竿でもいいかもしれませんが、場所がなく、且つ見た目にもこだわるなら断然pid4Mをオススメします。

お値段はそこそこするかもしれませんが、ワイヤーなので、取り付けさえしっかりしておけば長く使えます。

浴室乾燥を使うお金を考えると安いと思います。

何よりもスタイリッシュです。

どんなお部屋でも合うとおもいます。

カーテンレールに傾いて干されている洗濯物にそろそろ広い場所をいかがでしょうか。

SNSの口コミ

Pid4Mの取り付け方

Pid4M

Pid4Mの使い方動画