イヤホン・ヘッドホン

めちゃ楽!!完全ワイヤレスイヤホン ZNT AirFitsを試す

以前から気になっていた、完全ワイヤレスイヤホン!

首周りを線がコチョコチョするのが苦手で、長くイヤホンを付けていることが出来なかった私が、

「使い心地」・「コストパフォーマンス」・「音質」などをレビューしたいと思います。

今回、使用したのは、こちら「ZNT AirFits」

では、早速見ていきましょう!

 

まずはパッケージ

シンプルな黒で締まっているデザインでカッコいい。個人的にとても好印象です。

パッケージの大きさは大体10cm四方という感じです。日本語が書いてあるので、少し安心。

早速開けてみます。

中身もシンプル。無駄なものはありません。説明書の表側は英語ですが、裏側は全て日本語。

変な日本語もなく、安心して設定できます。Bluetoothで接続するイヤホンなのですが、日本語の説明書があると、慣れていない方でも安心だと思います。

本体部分(写真真ん中右部分)を取り出して、開けてみました。

イヤホン2つが確認できます。後ほど充電方法でも説明させて頂きますが、この本体ケースに入れるだけでイヤホンの充電が出来る優れものです。持ち運びにも優れています。

写真左上のUSBと書いてある部分をカパッと開くと、右下にあるUSB充電ケーブルとイヤーピース(S/M/L各サイズ)が出てきます。

本体を手にとってみると、大きさの感じとしては、こんな感じでコンパクト。重くもないです。

本体裏側

本体側面

イヤホンだけを摘んで取り上げてみました。

充電の接触部分が確認できます。シートが被せてある辺り、品質面の意識が高いのかもと期待させてもらえます。

L/Rと左右確認できるの嬉しい仕様ですね。

本体に充電ケーブルを挿してみました。一般的なスマホなどで使われている汎用品のコネクターなのも嬉しい所。

出先での充電なんかもやりやすいと思います。

PCからの充電も可能でした。

充電してみる

以前、レビューで紹介した竹製の4口ポートスタンドに充電ケーブルを挿している状態。

(普段はこの状態で常に充電していて、お出かけの時だけ、本体を外して持っていってます)

出張などで持っていく時は、これだけです。

充電ケーブルはスマホと共用できますし、このケースそのものがバッテリーの役割もします。

イヤホンを使い終わった後ケースに収納するだけで充電が行われます。(満充電3,4回分ぐらいみたいです)

充電している時は、真ん中の青のパイロットランプが点灯してピカピカします。イヤホン自体も、薄っすらと白く光ってくれます。

ふたを閉めていても、充電中と分かる仕様です。

上の写真は、イヤホンだけ充電している状態です。

 

Bluetooth接続をしてみる

とっても簡単。

ペアリング登録

  1. 充電を終えて使えるようになっているイヤホンを取り出して、PCやスマホなどの接続したいものに近づける
  2. PCやスマホなどがイヤホンを見つける
  3. ペアリングのボタンを押す

たったの3ステップ。初心者でも間違えることはないと思います。

2回目以降

一度、ペアリング登録が終わっていれば、ケースからイヤホンを取り出すだけで勝手に繋がってくれます。めちゃ楽です。

音質について

ワイヤレスだと、音飛びとかどうかな?と思って聞いていましたが、気になるような感じは全くありませんでした。

ただ、無音状態の時は、サーっていうノイズ音がしていますが、何か音などが流れているときは全く気になりません。音質がいいとは言いませんが、取り立てて悪いと思ったこともないので、全然実用レベルだと思います。

 

総合評価

  1. 煩わしさから解放される画期的なワイヤレスイヤホン
  2. 仕舞うだけで充電できるのもGood!
  3. 出張などの持ち運びにも便利~!
  4. イヤホンにしては高い価格がデメリット

 

イヤホンは小さなもので無くしてしまうかも??という心配はありますが、商品はとってもイイものでお勧めできますよ。無くした人のために片方だけで売ってくれたりしたら、もっとお勧めできるのになぁと思いました^^

評価なし



当サイトのレビュアー募集中!


4.1 (82.86%) 7 votes

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です