音楽用品

マットで軽量!カジュアルに使えるAGPTEK A20を使ってみた

こんにちは。いろのこっぷです!最近、私の周りでは風邪でダウンしている人が増え気味ですが、皆さんはいかがでしょうか。くれぐれも体調にはお気をつけてくださいね。(と言いながらも、いろのこっぷはやや鼻がズルズル気味です…汗)さて今回は、AGPTEK A20をレビューしてみたいと思います。

パッケージ・内容物チェック

早速、パッケージと内容物からチェックしていきます。

パッケージ外観

段ボール製のシンプルなパッケージです。表面にあしらわれた、ブルーのAGPTEKロゴがキラリと光っていてなかなかオシャレですね。

内容物

シンプルなパッケージとは裏腹に、付属品は思いのほか充実していました。本体に加え、クイックガイド、取扱説明書、イヤホン、microUSBケーブル、ストラップが付属しています。イヤホンは付属していても、ストラップまで付属しているというのはなかなか珍しいのではないでしょうか。(地味にありがたいです。。。)

本体外観をチェック!

それでは、本体を見ていきましょう。

マットなラバー調のボディ

ボディは軽量なプラスチック製ですが、表面がラバー調でマットに仕上がっており、安っぽさは感じません。

もしかしたら使っている間に傷などが目立つかもしれませんが、数日使っている感じでは今のところ特に問題はありません。

本体正面

正面には液晶画面と4つのボタンがあります。細長い時代のiPod nanoを彷彿とさせるデザインですね。

本体背面

背面には、AGPTEKのロゴと各種認証マーク、側面部分のインターフェースを示す記号が印刷されています。

上部はスッキリしていてよいのですが、下部はややごちゃっとしているように見えてしまいます。

本体底面

底面にはmicroUSB端子、イヤホンジャック、ストラップホールがあります。

本体側面

側面には、電源/スリープボタンとmicroSDカードスロットがあります。ここからはあくまでも個人的な見解ですが、空のmicroSDカードスロットにホコリなどが入るのが気になるので、私はmicroSDカードを挿しておこうかと思います。。。

付属品をチェック!

ここで、付属品をみていきます。

どことなく懐かしさを覚えるイヤホン

どこかで見覚えがあるような、付属のイヤホン。昔のiPh○neに同梱されていたものと似ています。こちらのイヤホン、本家(?)と同様マイク付きリモコンが搭載されています。見た目だけでなく、こちらは機能もしっかりしており十分使うことができて便利です。音質としては可もなく不可もなく、といったところで「付属品の割には悪くないかな」というのが正直なところです。

しかも、イヤーパッドも付属。耳あたりが気になるという方でも安心して使えるように配慮がなされています。

ワンタッチで着脱が可能なストラップ

イヤホンだけでなく、ストラップにもぬかりがありません。付け外しが簡単な形状になっており、使い勝手がよく好印象です。

長さも十分。首にかけたり、手首に巻き付けて持ち運んだりと、色々な使い方ができそうです。

中身をチェック!

それでは、中身をチェックしていきましょう。

できること

主な機能として

  • 音楽
  • FMラジオ
  • フォルダビューワー
  • 設定
  • 録音
  • アラームモード
  • 画像
  • 電子ブック
  • 動画

9つを使用できます。MP3プレーヤーとしてのみならず、ボイスレコーダー、(画面は小さいですが)写真ビューワーとしても使えるのが特長です。

音質

音質については、(あくまでも主観にはなりますが)思ったほど悪くありませんでした。むしろ、高音~低音まで音域がはっきりとしていて好印象でした。

気になること

1点だけ、気になることが…。これは慣れの問題だと思うのですが、このプレーヤーはスリープからの復帰は電源/スリープボタン以外からはできないようになっています。(再生ボタンや方向キーを押してもスリープから復帰しないのです…)

個人的には若干の不便さを感じます。

まとめ

軽量・コンパクトでマットな質感の本体、持ち運びが便利になるストラップホール、音質のどれをとっても文句なし。

カジュアルに使えるMP3プレーヤーとして、おすすめの一品です。

評価なし



当サイトのレビュアー募集中!


4.5 (90.34%) 29 votes

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です