イヤホン・ヘッドホン

ランニングに最適!EnacFire bluetooth イヤホン BT-515

ランニングっていいですよね。自分はよくランニング中に音楽を聴くんですが、有線のイヤホンだとケーブルが邪魔になりますよね。

そんな時に便利なEnacFireのBluetoothイヤホン BT-515のレビューをしていきたいと思います。

開封レビュー

割と小さめの箱で届きました。

オープン!

中にイヤホンケースとユーザーマニュアルが入っています。ケースの質感がとてもいいですね。

自分はBluetoothイヤホンをよく失くすので、イヤホンを使わないときはこのケースに入れておけば、紛失する心配がないです。

さらにオープン!

内容・付属品

  • イヤホン本体
  • 充電用microUSBケーブル
  • イヤーチップXS/S/M/L
  • イヤーフックS/M/L
  • ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルは英語と日本語に対応していて、ペアリングの方法やFAQなど丁寧に書かれています。

FAQではまたイヤーチップの大きさは4種類イヤーフックの大きさは3種類あり、自分の耳にフィットするようにカスタマイズできるのもうれしいです。

本体レビュー

BluetoothイヤホンBT-515の特徴

Amazonの説明によると…

  • apt-x対応で高音質
  • CVC6.0搭載でノイズ低減
  • Bluetooth4.1+EDR
  • IPX5対応
  • 12か月保証

2000円台でこれだけの性能があるのは素晴らしいですね。また、サポートも12か月も対応している点もうれしいです。

音質

音質は2000円台のBluetoothイヤホンにしてはすごく良いほうだと思います。

さすがに高価格帯のイヤホンの音質には劣りますが、apt-x対応ということもあり音質はよかったです。この価格でここまでの音質があれば、自分的には全然満足ですね。少しだけ高音がシャカシャカしますがほとんど気にならない程度です。スポーツをするときにも音楽を聞きたいと思う人になら全然お勧めできる音質だと思います。自分は電車の中やランニングするときに使っています。

密閉型イヤホンということもあり、周囲の音は低減されていて、あまり聞こえないため、イヤホンをつけているときは注意が必要です。

通話

CVC6.0は音楽を聞く際にノイズを減らす機能ではなく、通話中にノイズを低減する機能です。

実際に通話してみると、ノイズが低減され通話相手の声がとてもクリアに聞こえました。

ペアリング

ペアリングの方法は本当に簡単で上の画像の真ん中のボタンを6~8秒長押しすると「Ready to pair」という音声が流れLEDが青と赤に交互に点滅し、ペアリングモードに入ります。次に接続したい機器でBluetoothデバイスを検索し、「ENACFIRE BT-515」を選択すると接続されます。

一度登録したら次は電源を入れるだけで勝手に接続されます。一度に二台までペアリングすることができるの良い点ですね。

スポーツには?

本体はたったの15gと軽くつけているのを忘れてしまうほどです。またフィット感もよく激しいスポーツをしても取れる気配は全くありませんでした。

また防水性能も優れており、少しの雨や汗でも大丈夫でした。

充電・バッテリー

約1.5時間で充電が完了し、バッテリーは120mAhと、ほかの同価格帯のBluetoothイヤホンは大体80mAhなのに比べて約1.5倍と容量も大きく、8時間連続再生可能です。

まとめ

やっぱりBluetoothイヤホンはいいですね。一度Bluetoothイヤホンを使ってしまうともう有線のイヤホンには戻れません。線がないというのがここまで便利なものだとは思いませんでした。この商品はイヤホンがマグネットでくっつくようになっていてイヤホンをネックレス風にできるのが意外と便利でした。

2000円台で買えるBluetoothイヤホンとしては非常に良い商品だと思います。防汗、防水性能に優れ、スポーツをするときに音楽を聴きたい人にはぜひおすすめできます。

評価なし
ABOUT ME
rebimato
レビマトでは執筆者を募集しております。 詳しくは下記記事まで!



当サイトのレビュアー募集中!


4.1 (82.86%) 7 votes

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です