スマートフォン・タブレット

【レビュー】背面パネルが透けてて超クール!HTC U12+【トランスルーセントブルー】感圧式ボタン・エッジセンスは使えるか?

最近色々なスマホを見てきましたが、正直コレが一番だと断言できなく、どれも良いとこもあればイマイチなとこもあり全部が一体化すれば最強のスマホになって面白いんではないかと思います。

今回ご紹介する端末もなかなか個性が有り発売前から取り上げられてた端末ではありますが、連続でハイエンド端末を見てきたので機能的にはそんなに驚くことはないですが、背面パネルが透けてて購入意欲をそそられてしまいました。

HTC U12+ レビュー

今回はHTCから発売されたU12 Plus トランスルーセントブルーです。

HTC U12+ トランスルーセントブルー 

トランスルーセント(translucent)というくらいな ので名前の通り半透明の背面パネルですが、手に取ってみて最初に思ったのが、もう少し透けてたらもっとカッコよかったのにと、少し残念ではありました。

                                                                                                                      

Pixel 2 で採用されていたエッジセンスやSnapdragon845、防塵防水IP68、Felica・おサイフケータイ搭載、ステレオスピーカー、指紋認証・顔認証、前後ダブルレンズなど機能的には十分な端末だと思います。

まずはスペックから

 

スペック

Snapdragon 845、Android 8.0 Oreo、6GB/128G 、前後デュアルレンズと、HTCのハイエンドになってます。

機種名HTC U 12+
OSAndroid 8.0 Oreo
CPUSnapdrago  845、 64 bit octa-core、up to 2.8 Ghz
RAM6GB
ROM128G
ディスプレイ6インチ スーパーLCD 6 Quad HD+ (2880 x 1440 pixels 18:9)
メインカメラ12+16MP ウルトラスピード・オートフォーカス2
インカメラ8+8MP デュアルレンズ 広視野角 84°
サイズ156.6×73.9×8.7 mm
バッテリー3500mAh QC3.0対応 50%まで35分
SIMカードnanoSIM シングル
外部メモリーmicroSD  (SDHC、 SDX) 400GBまで
重量188g
カラーブラック、レッド、トランスルーセントブルー
ポートType-C
BluetoothBluetooth 5
NFC対応
FeliCa対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac (2.4 & 5 GHz)
バンド2G/2.5G – GSM/GPRS/EDGE
850/900/1800/1900 MHz
3G UMTS
B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19; HSDPA 42, HSUPA 5.76
4G LTE  FDD:              B1/B2/B3/B4/B5/B8/B11/B12/B13/B17/B18/B19/B21/B26/B28
TDD: Bands B38/B41/B42
位置情報GPS、 A-GPS、 GLONASS、Galileo、BeiDou
防塵防水IP68
動画再生3gp、mp4、ts、webm、mkv、HDR10
ビデオ録画メイン・カメラ
4K ビデオ録画 60fps
音声フォーカス, オーディオブースト, 4マイクによる3Dオーディオ録音
Hi-Resオーディオ録音 96kHz、24bit
ARステッカー
4K ビデオ録画時の 8M 静止画撮影
スローモーションビデオ (1080P@240fps)
光学手振補正 (OIS) + 電子手振補正 (EIS)
ハイパーラプス
フロント・カメラ
フルHD 1080p ビデオ録画
ARステッカ
Hi-ResHTC BoomSoundapt、 HD、 LDAC、最大32ビットHi-Res 、ノイズキャンセル
音楽再生3gp、mp4、m4a、aac、ts、flac、mp3、mid、ogg、mkv wav
音楽録音3gp, .aac, .flac
ワイヤレス充電未対応
SIMロック解除SIMフリー
センサー環境光センサー
近接センサー
モーションGセンサー
電子コンパスセンサー
ジャイロセンサー
ホールセンサー
指紋認証センサー
センサーハブ
エッジセンサー
その他感圧ボタン                    モーション起動
センサーハブ(活動トラッキング)
ピックアップによるコール消音
ポケットモード
フリップミュート
公式サイトHTC U12+

細かな個所は違うものの、Xiaomi Mi Mix2sやOne plus 6などに近いスペックだと思います。

対応バンドは、ドコモ、ソフトバンク系はフル対応ですがauに関しては試せなかったので不明ですがHTCに聞いてみたところ対応バンドに関しては、どのキャリアに対しても、お答えできない(確実に保証できないため)と返答されてしまいました。


HTC U12+ 対応バンド

中国系のハイエンド端末はシングルスピーカーが多いい中U12+はハイレゾ、アクティブ・ノイズキャンセル搭載でステレオスピーカーと音質も抜かりがなく作られています。

ディスプレイは、6インチ 18:9の大画面に狭額縁でスーパーLCD となります。

HTC U12+ ディスプレイ

DxOMARKにて103点と高得点をだしていて、P20Proに迫る勢いです。

HTC U12+ DxOMARKスコア

デザインにも工夫がされていて、トランスルーセントブルーに関しては背面が半透明になっています。(※ブラック・レッドは半透明ではありません)

HTC U12+ レビュー

開封

僕は7月の上旬にHTCオンラインショップで予約をし、7月20日に発送連絡が有りました。

一部のサイトでは発売が延期になったなどの情報がでてましたが、何処情報かは不明です。

HTC U12+ パッケージ

真っ白で凹みやキズ一つない奇麗な箱に入ってます。

HTC U12+ パッケージ

開封

本体とケーブル関係が収まってます。

HTC U12+ 付属品

付属品

本体、クリアケース、説明書、Type-C充電ケーブル、Type-Cハイレゾ対応イヤホン

HTC U12+ 付属品

Type-Cケーブル、充電器は付属していませんでした。

HTC U12+ Type-C

Type-Cハイレゾ対応イヤホン、噂では凄くイイ音がするみたいですが後ほど試してみます。

HTC U12+ Type-Cハイレゾ対応イヤホン

クリアハードケースが付属してますが、この辺りは好みがあると思うので自分の好きなケースでいいと思います。

因みに保護フィルムは、貼ってありませんので最初に購入しておくといいと思います。

HTC U12+ TPUケース

説明書、当然日本語の説明書になっていて特に読まなくてもいいと思いますが、気になる方は読んでみてください。

HTC U12+ 説明書 クイックスタートガイド

本体

本体、保護シートに覆われていて各ボタンの説明が書かれています。

U12+から各ボタンが感圧式に変更されました。

HTC U12+ レビュー

本体裏側、SIMトレーの説明が書いてあり、上から、カメラのレンズ横型、フラッシュ、指紋認証センサーとなっています。

HTC U12+ レビュー

思っていたより透けてないのが少し残念でした。

トランスルーセントブルーとなっていますが、ブルーと言うよりは紺に近いような濃いブルーです。

HTC U12+ レビュー

初期設定

初期設定は通常のandroidと同じで特に変化はないのですが、感圧式ボタンに変更されてから物理的なスクリーンショットが撮れなくなってしまいました。

指紋認証、顔認証などの登録はここでも行えますが、後からでも可能です。

本体詳細

画面向かって右側には上から音量UP、音量Down、電源ボタンの順番で、感圧式により通常のボタンとは違い、いくら押しでも物理的な動きはしません。

感覚としては指で押すと、コンと振動がします。

コレは好みに分かれると思いますが、僕は嫌いではないですが馴染めない人はストレスになるかもしれません。

感覚的にはタッチするのに少し力を入れる感じで、逆に力まかせに連打したりすると上手く反応してくれないです。

HTC U12+ ボタン

左側にはSIM、microSDトレーのみとなり、本体四隅はラウンドエッジされていて持ちやすいですが、本体裏面は、指紋が凄く付きやすいです。

HTC U12+ SIM

本体下側はスピーカーにType-Cポートがあり、スピーカーはハイエンド端末でも珍しいステレオになっていて、Bluetooth、aptX HD, LDAC 最大32ビットHi-Res 対応になっています。

 

HTC U12+ 充電

画面上部には8+8MPのデュアルレンズに通知LED、スピーカーにセンサーが有ります。

HTC U12+ スピーカー カメラ

本体正面、ディスプレイは、6インチ スーパーLCD 6 Quad HD+ (2880 x 1440 pixels 18:9)となり、各メーカーがノッチを採用してる中、HTCは便乗しなかったみたいですね

HTC U12+ レビュー

本体裏面

トランスルーセントブルーのみに採用されている背面パネル半透明ですが、実物で見ると解りやすいのですが写真だとイマイチ上手く撮れず、なんとなくわかる感じだと思います。

実際は、僕が思っていたほど透明感が無く、スケルトンレベルを期待している方は実物を見てから購入したほうがいいかと思います。

HTC U12+ デザイン

角度を変えて撮影してみましたが、写真だと薄っすらと内部が見える程度です。

HTC U12+ デザイン

本体にクリアケースを付けると、さらに透明度がなくなり、ここはもう少し透明度を出してほしいとこでした。

これから発売されるXiaomi Mi 8 ディスカバリーエディションは、かなりの透明度が有りそうです。

HTC U12+ 透明度
【レビュー】背面パネルが透けてて超クール!HTC U12+【トランスルーセントブルー】感圧式ボタン・エッジセンスは使えるか?
2 (40%) 1 vote
1 2 3



当サイトのレビュアー募集中!


4.1 (82.86%) 7 votes

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です