スマートフォン・タブレット

【レビュー】Xiaomi Mi Mix3 総合的にオススメな端末!

評価:4.5

こんにちは、今回のレビューはXiaomi Mi Mix3のグローバルバージョンになります。

最新機種ではないじゃんって思う方もいると思いますが、まだまだ現役で使える程のスペックなので最新機種は高いからと思う方など候補の一つにしてみてはいかがでしょうか?

まずはスペックから

スペック Xiaomi Mi Mix3 グローバルバージョン

端末名Xiaomi Mi Mix3 グローバルバージョン
OSAndroid 9/MIUI 10
CPUQualcomm Snapdragon 845/2.8GHz/8コア
RAM6GB
ストレージ128GB
ディスプレー6.39インチ(2340x1080FHD+)/Super AMOLED/画面占有率93.4%/Gorilla Glass 5
メインカメラ12MP+12MP/SONY IMX363/1.4µm F1.8/SAMSUNG S5K3M3 1.0µm デュアル
インカメラ24MP+2MP/SONY MIX576 1.8µm/OC0A10 1.75µm デュアル
サイズ 157.89 x 74.69 x 8.46mm
重量218g
バッテリー3200mAh/18W QC3.0/10Wワイヤレス充電
SIMNanoSIM×2
イヤホンジャック未対応
カラーサファイヤブルー/ジェイドグリーン/オニキスブラック
ポートUSB Type-C
BluetoothBluetooth 5.0
NFC対応
Wi-Fi802.11a /b/g/n/ac 2.4G Wi-Fi / 5G Wi-Fi / Wi-Fi Direct
対応バンド2G GSM:B2/B3/B5/B8 CDMA 1X:BC0/BC1/BC6/BC10

3G WCDMA:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B9/B19 TD-SCDMA:B34/B39 CDMA EVDO:BC0/BC1/BC6/BC10

4G FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/
B18/B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30/B66

TDD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41

 

位置情報GPS:L1+L5/Galileo:E1 + E5a/QZSS:L1+L5/GLONASS:L1/Beidou:B1
防塵防水未対応
各種センサー超音波距離/ジャイロ/加速度/電子コンパス/周囲光/振動モーター
マルチメディアMP4/M4V/MKV/XVID/WAV/AAC/MP3/AMR/FLAC
ビデオ録画4K(60fps 30fps)  1080p(60fps30fps)  720p(30fps)  1080pスローモーション(120fps/240fps/960fps)   720pスローモーション(120fps/240fps/960fps)
公式サイトXiaomi Mi Mix3

ノッチ無しディスプレイで手動によるスライド式前面カメラ

Xiaomi Mi Mix3

カメラの性能評価もいいほうです

Xiaomi Mi Mix3のスペック

最近はトリプルレンズが当たり前のようになってきましたがMix3はデュアルレンズです。

指紋認証もディスプレイ内ではなく背面にあるタイプです。

Xiaomi Mi Mix3の外観

AIによる機能も最低限は対応されています。

Xiaomi Mi Mix3のスペック

Snapdragon 845と最新ではないですが、まだまだ十分な性能です。

Xiaomi Mi Mix3のスペック

他のハイエンド端末でも対応していない機種が有りますが、Mix3はワイヤレス充電対応です。

Xiaomi Mi Mix3の外観

93.4%のスクリーン比にスライド式カメラ、前後面デュアルレンズなど最新ハイエンド機種にまだ突き放されている感じはしないです。

 

Xiaomi Mi Mix3のスペック

公式サイトの動画紹介ではカメラに力を入れているみたいです。

 

スローモーションの動画も紹介されていますが、なかなかよさそうです。

 

 

端末本体は、ベゼルが薄くフルディスプレイに近い感じです。

Xiaomi Mi Mix3の外観

 

性能を数字だけで見ると格下感が有りますが、現在の販売価格からすると十分すぎるほどの性能で購入先や割引クーポンの使用などで僕の場合はDHL配送で46,000円位でした。

開封

新品なので完全にパッケージされて届きました。

ブラックで真四角の箱にMIXの文字が書かれていてMi8EEと似たような箱です。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

蓋を開けるとお馴染みのサイン?か何か書いてあります。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

中蓋を開けると端末本体、ディスプレイは6.39インチで大きく感じます。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

端末の下には付属品が入っていて、丸いのがワイヤレス充電器にType-Cケーブルと充電アダプター、ワイヤレス充電器が付属なのは嬉しいです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

付属品

日本のコンセントに対応の充電アダプター、抜け防止の穴が開いてないので出来ればちゃんとしたプラグの使用がオススメです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの付属品

Type-Cのケーブル90cm、Mix3の付属品はホワイトカラーで統一されてます。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの付属品

イヤホンジャックがないので変換プラグも付属していて有線イヤホンの使用も問題なしです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの付属品

ワイヤレス充電器本体、真っ平ではなく少しアールが付いていて材質はシリコンのような感じで滑りにくくなっています。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの付属品

裏面にも滑り止めが付いていて安定感は有りそうです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの付属品

説明書関係は日本語はありませんが問題ないです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの説明書

付属品のケース、フィッティングは良いのですが材質の関係か滑りやすく個人的には使いずらいので使いやすい物に交換がオススメです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンのケース

ケースをアップで撮影してみましたが結構薄く衝撃保護にはあまり効果が無さそうなチープな感じがします。表面はサラサラした感じでケースに関しては少し残念です。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンのケース

付属品としては以上で画面の保護フィルムは最初から貼って無いので購入する方は一緒に買っておいた方がイイかもしれません。因みにディスプレイの隅は若干アールがかっているので保護フィルムはシートタイプか3Dタイプの物がおすすめです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

本体詳細

スライド式カメラなので前面にはレンズが無くほぼディスプレイになりますがスライドカメラの構造上の為か本体は重いです。(重量218g)

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

本体向かって左側にはGoogleアシスタントボタンとSIMトレイ、SIMはデュアルでSDカードは未対応です。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

向かって左側には電源ボタンと音量ボタン

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

下側には充電ポートとスピーカーにマイクでステレオスピーカーでないのが少し残念な点ですが音は悪くは無いです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

本体裏面、セラミックでかなりテカテカしてます。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

上側左にカメラのレンズが縦置きで2個と間にはLEDフラッシュライト、中央辺りに指紋認証センサーが有りますが、その下にmicroSDの入れ方の謎のシールが貼ってありますがmicroSDは未対応です。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

スライドカメラを出すと裏面が上がる感じになり操作感は片手で可能でカチっとした感覚で自動でポップアップするカメラとまた違った操作してる感がイイ感じです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

カメラを出すと端末が一層長くなりますが持ちづらさなどは無く必要な時だけカメラをスライドさせてだすのが個人的に好きです。前面カメラは顔認証に対応ですが指紋認証を使用したほうが楽で早いです。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

ケースを付けてみた本体裏側、本体をスライドさせると裏面は下側がでる感じになっています。

Xiaomi Mi Mix3スマートフォンの外観

>>次ページは初期設定についてです。

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です